ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

上野樹里が猫を抱いてプサン国際映画祭に出席

2008年10月03日

上野樹里 プサン国際映画祭

女優 上野樹里が韓国プサン市で行なわれているプサン国際映画祭の開会式やアジア太平洋演技者ネットワークカンファレンスに参加し、韓国メディアの注目を浴びた。

10月3日、プサン海雲台グランドホテルで開かれたイベントには、ファンからの「のだめちゃ〜ん」という声援が起こり、韓国での人気を感じさせた。

前日夜の開幕式では、子猫を胸に抱いて登場した上野樹里は、ドラマ「のだめカンタービレ」でよく知られており、韓国の検索サイトでも上位にランクされた。

また、プリマス劇場で行なわれた出演映画「グーグーだって猫である」の上映会及び観客との対話には多くのファンがつめかけ、大盛況となった。

この日も猫を抱えて登場した上野樹里は、韓国語で挨拶をしたあと、「こんなにたくさんの人が来てくれて本当にうれしい。カルビとプルコギが大好きです。韓国は、人々からパワーがが感じられていいですね。昨日の開幕式でも多くの人が映画に愛情を注いでいるのを見てすごいなと思いました。(活発なキャラと落着いたキャラではどちらが自分に近いかという質問に) 普段はおとなしい方ですが、友達に会って気分が良ければ活発になります。演技が実際の私のいろんな面を反映してそれぞれのキャラクターを作っていくので、二つのキャラクターとも皆私に似ているとも言えます」と答えていた。

映画『グーグーだって猫である』は、ペットの猫を失い、悲しみのあまりマンガが描けなくなってしまった有名純情マンガ家(小泉今日子)と彼女のアシスタント(上野樹里)に新しい猫、グーグーやってきた事で起きる物語を描いている。

犬童一心監督で出演は他に、加瀬亮、森三中、林直次郎、マーティ・フリードマン、大後寿々花ら。

★チルソクの夏(期間限定)◆20%OFF!
日韓高校生の淡い恋と友情を描いた純愛物語。水谷妃里、上野樹里、夏木マリほか出演。2009年1月30日までの期間限定




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。