ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

『冬のソナタ』で韓国の40倍儲けた日本の戦略

2008年11月25日

韓国ドラマ 冬のソナタ

ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ主演の韓国ドラマ『冬のソナタ』の版権をKBSが日本の企業に売って儲けた金額が270億ウォンだという。

しかし、『冬のソナタ』で韓流ブームに火のついた日本では、ドラマの人気が出はじめるとDVD、写真集、アクセサリーなどの関連商品がつぎつぎと登場し、ワンソース・マルチユースを全面展開した。

結果、KBSの40倍にも上る1兆2000億ウォンの収益をあげるのに成功している。

当時KBSは、NHKとの契約で付加版権まで含めて売ってしまったため追加収入を得ることはできなかったのだ。

こうしたワンソース・マルチユースのビジネス戦略が韓国の場合不足していた。
最近でこそ『宮廷女官チャングムの誓い』がミュージカルやアニメになったり、ホ・ヨンマン氏のマンガ『食客』や『タッチャ』がドラマ化、映画化されるなどで目に付くようになって来たものの成功事例はそれほど多くはない。

こうした状況に、韓国の文化体育観光部が11月24日、『100年感動のキラーコンテンツ育成戦略』を発表した。

今後5年間にわたり、マンガ、アニメーション、キャラクター、文化コンテンツ人力養成に4100億ウォンを投入するというもの。

すでに公募により決定した支援第1号キャラクター『カムブ』に対して10億ウォンを支援する事が決まっている。

★冬のソナタ プレミアムBOX カットシーン完全収録【ミニョン眼鏡付き】(初回生産限定)

【関連エントリー】
- 『神の雫』ドラマ化で韓国俳優 ペ・ヨンジュン主演確定 講談社と版権締結
- ハローキティが訴えられた!冬ソナ・キティ、チャングム・キティらキャラクター無断使用
- ソン・スンホン、クォン・サンウの映画『宿命』が日本のメーカーを提訴




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。