ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

パク・ヨンハがフジ「Xmasの奇蹟」の主題歌と特別出演

2009年10月04日

パク・ヨンハがフジ「Xmasの奇蹟」の主題歌と特別出演

韓流スター パク・ヨンハが主題歌を歌い、特別出演する昼帯ドラマ「Xmasの奇蹟」がフジテレビ系で11月2日からスタートする。

死んだ恋人の魂が別の若い男性の体に宿って現れる“奇蹟”から、「人を愛する」ことをめぐって揺れる大人の女性を描くというラブファンタジー。

高橋かおり(34)がヒロイン・直(なお)を演じ、パク・ヨンハ(32)が日本のドラマ主題歌を初めて歌い、本人役で特別出演するという。

「冬のソナタ」など数々の高視聴率ドラマに出演、04年から日本では歌手として活動中のパク・ヨンハは、主題歌「最愛のひと」(11月18日発売)を歌う。

また、「青の月」を韓国で聴いて感動し、楽曲提供を求めて直のもとを訪れる歌手パク・ヨンハ役で特別出演する。日本語でのドラマ出演は初めてとなる。

「デビュー6年目で、日本のドラマの主題歌は初めてだったので決まったときは空を飛ぶくらい嬉しかった。日本語で演技することもうれしい」とコメント。

バラード調の「最愛のひと」について「曲だけでなく歌詞も素敵。サビの部分で心にぐっとくると思う」。

ドラマについては「きっと涙が出る。韓国の人も悲しい恋愛ドラマは好きなので、マニアがでるほど受けると思う」と評価した。

自身の失恋体験は「ありますよ。ない人はいないんじゃないかな。好きなのに別れが来るということはありますよね」と述べていた。

クリスマスの思い出については、「まったくないです(笑い)、ここ最近は『あ~さみしいな』と常に仕事をしてる」と明かした。
パク・ヨンハは04年にドラマ「東京湾景」に韓国語で特別出演している。

「Xmasの奇蹟」のあらすじは、大手レコード会社で働く直が、ディレクターの浩志と恋に落ちる。二人を結びつけたのは、浩志がプロデュースする謎のピアニスト・ゼノのオリジナル曲「青の月」。「青の月」は大ヒットするが、ゼノのクリスマスコンサートの日、結婚を約束した浩志は交通事故で、直にゼノの正体を告げぬまま死んでしまう。やがて直の前に20歳の健が現れる。健には浩志の魂が宿っていた。健に心ひかれていた直だが、その事実を知り「健を、魂を愛することができるのか」と、切ない葛藤(かっとう)が始まる…という物語。

台本を読んで涙が止まらなかったという主演の高橋かおりは「直にとっての奇跡の結末は、悲しみや苦しみにあふれてしまうのかもしれません。その切なさの先には、一体何が生まれるのか。見てくださる皆さまの心を揺さぶることができるよう、精いっぱい、直を生きたい」と豊富を語った。

浩志を岡田浩暉(43)、健を窪田正孝(21)が演じ、レコード会社社長役で火野正平(64)が出演する。

一方、パク・ヨンハは、10月17日にハワイにおいて、自身2度目3年ぶりの単独コンサートを開催する。ハワイ州は06年から最初にコンサートを行った10月14日を「ヨンハデー」と指定している。

★パク・ヨンハ おすすめ最新キャラクターグッズ★

【関連エントリー】
- ウォン安円高特需を狙って韓流スターが日本で出稼ぎラッシュ
- パク・ヨンハの新韓国映画『作戦』の顔ぶれ決まる
- パク・ヨンハ、ソン・ユナ『オンエアー』記者会見の発言内容くわしく




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。