ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

[特集]キム・ガンウ初の日本ファンミーティング

2009年10月21日

キム・ガンウ初の日本ファンミーティング

韓国俳優キム・ガンウが初めての日本ファンミーティングを行なった。

安定感のある演技と親しみ深いルックスで日本のファンから根強い支持を受けてきたキム・ガンウは、パク・ヨンハと共演したドラマ『ザ・スリングショット〜男の物語〜』が日本で放送され、さらに注目を浴びていた。

150人ほどの小規模な今回のファンミーティングにはTBS、フジTVなどの地上波をはじめ6つのTVメディア、韓流関連雑誌など約20の取材陣も参加した。

10月18日に東京FMホールで開かれた「キム・ガンウ ファンミーティング」のために、キム・ガンウは2カ月にわたるボーカルレッスンを受けた成果を披露した。

キム・ガンウは「公開舞台でマイクを握ることが多くないが、初ファンミーティングのために狭い練習室で歌を歌いながら舞台恐怖症を克服しようと努力した」とコメント。

また映画『食客』に出演しながら磨いた料理の実力も披露。キムチ炒飯を作りファンと試食する場を持った。

また初ミーティングを控え前夜に直接書いた手紙を朗読し、参加したファンを感動させた。

3時間にわたったファンミーティングで、キム・ガンウは「ずっと関心を持ってくれているファンの皆さんに感謝する。ファンから多くのエネルギーをもらって帰る。より真実味のある演技で、感動を与える俳優になれるよう努力する」と覚悟を明かした。

一方、18日に来日したキム・ガンウは、「初めての来日だったので空港にファンが出迎えに来るとは思っていなかったのに、フラッシュを一斉にたかれてびっくりした。昨日の夜は緊張して眠れなかった」と感想を語った。

出演したドラマ『ザ・スリングショット〜男の物語〜』については、「インラインスケートや水泳など特に苦手なものを消化しなくちゃいけなかったが、何とか努力してキャラ作りの過程を楽しんだ。今回は悪役だったが次はロマンティックコメディーをやってみたい」と語った。

★韓国熱狂の極上のクッキングバトルムービーが日本上陸!【韓国映画】キム・ガンウ

【関連エントリー】
- 韓国映画「食客」がキムタク「HERO」を手易く料理




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。