ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

韓国女優 チェ・ジウ「私は演技派俳優じゃないみたい」視聴率不振の心境告白

2007年06月28日

韓国女優 チェ・ジウの韓国ドラマ「エアシティ」は5月中旬にスタートして以来、先週の視聴率は9.5%まで落ちてしまった。全16話で60億ウォンの制作費と韓国俳優 イ・ジョンジェ、チェ・ジウのキャスティングで話題を集めたが視聴率には結びつかなかった。

MBCのドラマホームページの書きこみには「演技がぎこちない」という厳しい声も多い。KBS2の韓国ドラマ「冬のソナタ」(2002年)、SBS「天国の階段」(2003年)などをヒットさせた韓流スター・ジウ姫としては期待はずれといえるだろう。

東亜日報とのインタビューで韓国俳優チェジウは語っている。「もう1ヶ月も家に帰っていません。最近は食事も簡単にすまし、一日2〜3時間の仮眠しか取れません」と夜を徹する撮影スケジュールでの疲れは隠せなかった。

チェ・ジウが演じているドギョンについては「仕事に対し貪欲なクールな女性。理想的なキャリアウーマンなのでうらやましくやってみたくなりましたが、今までの役柄とは違うのでうまくできるか心配でした。演技をしながらも私に合うキャラでは無いようでつらかった」と語る。

「文字どうりひどい目に会いましたね。前の作品がうまくいっていたので満足しちゃってたみたい。10年以上も演技していても俳優というのは難しいですね。私は千の顔を持つ演技派女優ではないみたい。自分で足りないなと思ったし、勉強や努力が必要だと言う事を悟りました。視聴者の忠告も胸に痛いですけど役に立ちました」と心境を語っている。

韓国女優 チェ・ジウはまた「(韓流スターという肩書きが)気分はいいですけどそのために根も葉もない誤解を生むこともあります。何をしても日本にねらいを定めているというつれない見方をする人が増えました。韓流スターである前に韓国俳優として認められたい」とコメントしている。





ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。