ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

太王四神記のムン・ソリとアンチファン

2008年01月06日

オム・テウン、キム・ジョンウン、ムン・ソリ

韓国女優 ムン・ソリにとって2007年はもっとも激動の1年だった。映画とドラマを同時に撮影するというハードスケジュール。

韓国映画「私たちの生涯最高の瞬間」とペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ・太王四神記がそれだ。

映画界で活躍していたムン・ソリが太王四神記ではつのドラマに挑んだが、キャラクターとイメージが合わないというバッシングを受け心を痛めた。

彼女にとって不運だったのは、太王四神記の遅れで映画の撮影と重なり、ソウルと済州島を行き来したり、ハンドボール韓国代表選手役のために増やした体重がドラマではマイナスに作用してしまったこと。

韓国演技派俳優としてアンチファンが少ないことで有名だったムンソリも、ネット上ではかなり叩かれたが、彼女はかえってそれを歓迎したという。

ムン・ソリは「太王四神記にはとてもすまないと思っている。一つに集中できなくて一人悔しくてしかたなかった。結果にはいつも心残りがあるものだが太王四神記はよりそれが強い。もう事前制作ドラマなんて言う言葉は信じないことにした。1日2時間しか寝られないとしてもまたドラマをやりたいし、いろいろな挑戦ができるので今後もドラマはやるつもり。周りの人にはおまえほどアンチファンがいない俳優はいないよと言われるほどだったけど、それだけ大衆と距離があったという証拠だった。アンチは外見や演技力とは関係無いでしょ。キム・テヒさんみたいに綺麗な俳優にもアンチファンはいるし。アンチファンもファンの内。中高生はもちろんおばさんたちにも覚えてもらえてかえって良かった」と笑って心境を語っている。

韓国女優 ムン・ソリが、ほかの出演陣に申し訳無いと思うほど力を注いだ韓国映画「私たちの生涯最高の瞬間」は1月10日から韓国で公開される。韓国俳優 オム・テウン、キム・ジョンウンが共演している。

★「チャングムの誓い」のチ・ジニと、「太王四神記」のムン・ソリが豪華共演を果たしたエロティック・ラブストーリー




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。