ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

韓国俳優 ソン・スンホン抗議、映画「宿命」舞台挨拶ツアー

2008年03月15日

韓国映画 宿命

韓国俳優 ソン・スンホンに会える。淡い希望を胸に韓国映画「宿命」の舞台挨拶のチケット手配に申し込む韓流ファンに対しソン・スンホン側が警鐘をならしている。

ソン・スンホンは最近自身の名前を掲げた「不法旅行商品」に頭を悩めているという。

ソン・スンホンの除隊後復帰作として3月20日から韓国で封切られるソン・スンホン、クォン・サンウ主演の映画「宿命」の舞台挨拶をえさにした「無保証」旅行商品が、日本の韓流関連サイトや韓国の旅行業者サイトを通して多数販売されている。

普通、映画舞台挨拶のスケジュールが確定するのは2〜3日前で、それまではどこの映画館かもわからない状態にもかかわらず、これらの商品はソン・スンホンの舞台挨拶のチケットを、3800円ほどで手配したり、2万5000円で現地映画館ツアーとして売られている。

一応、手配できない場合がありその時は返金すると明記されているが、問題は航空券や宿泊は自己手配となっており、もし映画チケットが取れないと分かった場合ファンにかかる負担は大きい。日本での公開は9月頃が予定されているだけに、ファンにとっては一足早く観れることだけでも意味があるかも知れないが、実物に会えないという落胆は大きいはず。

こうしたソンスンホンツアーの存在は、日本のファンクラブの会員たちが、所属会社側に旅行商品の信憑性を問い合わせてきたことにより明らかになった。

ソン・スンホン側は「韓流ブームに便乗した不法商品がこんなにはびこると、金に目がない韓流スターという悪いイメージがつきかねない。海外のファンが受ける失望や金銭的被害が単純に返金だけで解決する問題ではない」と憂慮している。

ソンスンホンの所属会社は、該当旅行社に即刻中止を要請したが、旅行社側は、「(ソン・スンホンが)来なければファン達に返金すればいいこと」、「商品販売で映画の宣伝をしてやってるのにそんなに間違ったことか」と対抗し、簡単には解決しそうにないようだ。

韓国映画・宿命には、ソン・スンホン、クォン・サンウ、チソン、パク・ハンビョルなど韓国でも人気のあるトップスターが出演するだけに、韓国人ファン達の間でも熾烈なチケット争奪戦が予想されている。

★2008年05月23日発売10 Through The Time ソン・スンホン ジャパンファンミーティング2008




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。