ネイティブだからできた本物の韓国語簡単学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

韓国芸能人が勝ち取った兵役免除理由のいろいろ

2008年05月12日

最近、軍入隊を嫌い強制的に血圧を高めて兵役免除を勝ち取ろうとした韓国芸能人3人が書類送検される事件が発生した。

兵役が義務化されている韓国において、2年間の兵役期間は芸能人やスポーツ選手にとって頭の痛い問題だ。そのためあらゆる手段をこうじて兵役を免除されるよう働きかけるタレントも出てくる。

韓国芸能人たちの肩脱臼と椎間板ヘルニアは免除理由のおなじみメニューとなっている。

韓国俳優のチャ・テヒョンや歌手のキム・ウォンジュン、KBSの『ドリームチーム』で優れた運動神経を見せた歌手チョ・ソンモなどは、肩の脱臼を理由に公益勤務要員で軍服務の代わりをしたり、免除されたりしている。

歌手のイ・サンミン、キム・ジョングク、キム・ジョンミンなどは、椎間板ヘルニアを理由に公益勤務要員となったが、「ダンス歌手がヘルニアなんておかしい」「TVではあんなに踊ってるのに」などと疑問視する声も多い。

その他、心臓や肺臓、腎臓などの疾患も多い。歌手のキム・ミンジョンは心臓弁膜疾患、チュ・ヨンフンは心室早期興奮症候群という珍しい病名で免除されている。

タレントのキム・ボソンは、視覚障害者6級判定を受けた。インタビューで「高校時代義理を守るために13人と喧嘩をし、相手が振りまわした木材で左目を負傷、それ以来回復に至らず失明判定を受けた」と語り話題になった。パク・ヨンハも視力障害で免除対象となっている。

また変わった理由では、歌手のキム・ジョンソが精神分裂症、歌手のソ・テジとシン・ソンウは性格障害という理由だ。イ・ジュノとDJ DOCのイ・ハヌル、チョン・ジェヨンは、生計困難が理由となり免除された。

現在忠実に軍服務中の歌手サイをはじめ、イ・ジェジン、NRGのチョン・ミョンフンなどが昨年検察の兵役疑惑捜査網にひっかかり、再服務をしている。また、ユ・スンジュンの場合、入隊直前にアメリカ国籍を取得、挙句の果てに強制出国命令を受けている。

最近は、現役入隊に比べ、区役所などで働く公益勤務要員服務についての風当たりが強くなっている。
タレント ハハ、キム・ジョンミン、ソ・ジソプ、コ・スなど多くのスターがさまざまな理由で公益勤務となりイメージ的に打撃を受けている。

一方で、2004年に兵役問題で大きなスキャンダルとなった韓国俳優 ソン・スンホン、チャンヒョクなどの韓流スターは、以降まじめに兵役を終え芸能界に復帰、活躍している。特にソン・スンホンは兵役中、所属事務所の完璧なマネージメントのもと、「軍隊マーケティング」という新造語まで作りだした。

★韓流エロス 超刺激スペシャル
≪関連記事≫
韓国俳優パク・ヨンハの兵役免除判定に非難殺到




ブログパーツ
 

スポンサード リンク


ワード





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。